評判の良い会社といえば日本賃貸保証|安定して経営しているから安心

賃貸経営で収入を得る

お金

安定収入を確保する

賃貸マンションを建てて誰かに貸せば、毎月家賃収入が入ってくるようになります。現在は、銀行にお金を預けておいても金利がほとんどつかない状態になっています。大切なお金を塩漬けにしておくよりも、何らかの方法で運用し、少しでも資産を増やしたいと考える人が大勢います。賃貸マンションに投資すれば一定の資産を確保しつつ賃料収入を得ることができるようになるため、とても多くの人が賃貸マンション経営を行っています。ただし、賃貸マンション経営につきもののリスクがあります。それは空室リスクと滞納リスクです。この2つのリスクを軽減する対策を講じないことには、賃貸マンション経営を成功させることはできません。空室リスクに対処する方法としては、サブリース会社を利用する方法があげられます。一方、滞納リスクの方については、家賃債務保証会社を利用するという方法で対処することが可能です。家賃債務保証会社を利用していれば、賃借人の家賃滞納があったとしても、毎月安定的に家賃収入が入ってくるようになります。そのため、とても多くの人が家賃債務保証会社を利用しています。

滞納のリスクを大幅削減

決まった期日までに家賃を支払ってくれない賃借人がいたとしても、賃借人に即座に退去してもらうということは困難です。家主に部屋の所有権があるのは事実ですが、その部屋を独占的に使用する権利を賃借人に貸し与える契約を結んでいる以上、家主といえども勝手に室内に立ち入ることはできません。適法に賃借人に退去してもらうためには、複雑な手続きが必要になります。しかし、家賃債務保証会社を利用していれば、家賃債務保証会社に未払いの家賃を支払ってもらうことができます。もちろん、それで賃借人自身が家賃支払い義務から解放されるわけではありませんが、家主がそれを気にする必要は一切ありません。その後の処理は全て家賃債務保証会社の関知するところとなるため、家主にかかる負担が軽くなります。